メインイメージ

今日から8月。7月18日の「海の日」が来るのを待つかのように、今年の梅雨明け宣言がありました。暑い日が続いていますが、皆様にはお身体ご自愛いただきますよう、お願い申し上げます。
先月、7月10日に第24回参議院議員通常選挙の投開票が行われました。
参議院選挙では、山口県選挙区は自由民主党公認、公明党推薦の江島潔候補が、多くの皆様のご支持で圧倒的な勝利を収めることができました。また、比例代表で、自民党山口県連として重点候補に指名した阿達雅志候補も当選されました。全国的にも、政権与党の自民党と公明党に大きな支持をいただき、自民党は改選議席数の50議席から56議席に議席を伸ばし、非改選の議席と合わせると参議院の過半数となる121議席を獲得する結果となりました。また、公明党も過去最高の14議席を獲得、非改選議席と合わせると25議席となりました。
この結果、参議院の242議席のうち、自由民主党と公明党の政権与党で146議席と、参議院の議席の過半数を大きく超え、前回の参議院選挙でのいわゆる衆参両院のねじれ現象から、より安定的な政権運営が可能な体制ができたと思います(注;その後の議席の変更で自民党は122議席となり過半数を超えた)。
私自身、今回の参議院選挙では、江島候補の選挙対策本部長として臨みましたが、かつての民主党政権が繰り返した混迷と混乱の政治に戻るのか、それとも、安倍総理の取り組まれている日本再生をさらに前に進めるのか、その選択の選挙であると訴えさせていただきました。江島候補の対立候補であった民進党や共産党などが推す野党統一候補なるものの政策のなさや、単に反安倍政権を主張するだけの危うさを、多くの皆様に話させていただきましたが、野党統一候補なるものの主張を聞くにつれ、あの民主党時代の、決められない、決めない無責任な政治を繰り返すことの危険を改めて感じた次第です。
また、今回の参議院選挙では、東北地方の選挙区などで自由民主党公認の候補が敗れました。敗れた要因は単純ではないと思いますが、敗れた原因は党としてきちんと分析し、次に向かわなければならないと思います。
お陰様で山口県内では自由民主党と公明党が圧倒的な勝利を勝ち取ることができましたし、全国的にも政権与党の自由民主党と公明党に強い信任をいただくことができましたが、大切なのはこれからです。
安倍総理の取り組まれている経済、産業をはじめとした日本再生の取り組みは、まだまだ道半ば。人口の減少をはじめとして地方の疲弊感も深刻です。また、南シナ海や尖閣諸島などでの中国の不法な侵略行為や北朝鮮の度重なるミサイルの発射などわが国を取り巻く緊張した情勢、イギリスのEU離脱など、わが国を取り巻く国際環境の不透明さ、不安定さはより高まっています。
今こそ、より安定した政権の下で、力強い国づくりをしっかりと進めていくことが必要ですから、私も、安倍総理の地元の議員として、総理の取り組みを山口県から全力で支えていきたいと考えています。
平成28年8月1日 畑原基成

後援会入会フォーム
お問い合せフォーム
大切なのは実現力 はたはら基成岩国事務所
〒741-0063 岩国市関戸1丁目110-1
(TEL) 0827-44-3388
(FAX) 0827-44-3355
Copyright© 2017 Motonari Hatahara All Rights Reserved.
当サイト内の画像・記事等の一部又は全部を無断で転用・転載する事を禁じます。