令和6年(2024年)2月1日

 今日から2月です。
 元日に発生した令和6年能登半島地震は、冬の厳しい天候や地理的な条件も重なり、今なお広い地域に深刻な被害と影響を及ぼしています。お亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。山口県からも県職員や医師、看護師など多くの皆さんが支援のために駆け付けていますが、余震の恐怖もある中で、連日、復旧・支援活動に当たっておられる皆様のご尽力に深く敬意を表します。
 元日の大地震発生に、地震は正月も夜中も関係なく発生するという当たり前のことを再認識させられるとともに、余りに甚大な被害の状況を前に、防災対策の重要性を改めて痛感しています。県議会としては、県と連携し、引き続き、被災地域への支援と本県の防災対策に万全の対応をしていく考えですので、皆様方におかれましても、職場で、ご家庭で、いざという時の備えを今一度確認していただきますようお願いします。

 自民党県連では、1月11日、知事に対し、来年度予算編成に対する超重点要望を行いました。この要望は、県の来年度当初予算の編成作業が佳境を迎えるこの時期に毎年行っているものですが、今年は政務調査会長として、県内の各市町や友好団体、県連支部からいただいた800件を超える要望を56項目に取りまとめ、友田幹事長をはじめ県連四役とともに、知事に対し、その実現に向けた取り組みを強く求めたものです。今回の要望は、人手不足や人口減少、子育て・出産、産業脱炭素化、インバウンド需要の取り込み、そして防災・減災対策など、本県が直面する課題を踏まえた重要なものばかりです。今月下旬に開会予定の2月県議会において、来年度当初予算等の議案等についてしっかりと審議し、要望の実現に全力で取り組んでまいります。


令和6年2月1日



令和6年(2024年)1月8日

 初春のお慶びを申し上げますとともに、今年一年、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
 昨年は、長く続いたコロナの制約から解放され、世の中が正常化に向けて一気に動き始める節目の年となりました。コロナ禍で失った時間や機会を取り戻すかのように多くの人が国内各地を訪れ、開港から11年を迎えた岩国錦帯橋空港でも利用者が400万人に達するなど地域に活気が戻ってきています。また、コロナの影響で中止されていたイベントや行事も次々に復活しました。
 私自身にとっても、山口県議会議員として3期目の当選をさせていただき、自由民主党山口県連の政務調査会長を拝命するという節目の年となりました。選挙戦では自分らしさを意識した新しい試みにも挑戦し、父の代から応援してくださっている方々はもちろん、若い皆さんにも選挙に関心を持って応援していただきました。
 止まらない物価高や緊張が増す国際情勢など私たちの暮らしや経済を取り巻く環境は厳しい状況が続いていますが、アフターコロナの勢いを地域の活性化や経済の発展につなげるとともに、県東部地域の大きな課題である岩国基地問題にも引き続き率先して取り組み、県民の皆様の暮らしや県内の経済に活気と活力がみなぎっていくよう、県議、政調会長の役割をしっかりと果たしていきます。
 今年の干支である「甲辰」には「新しい物事が始まり成功する」という意味があるそうです。コロナ禍を乗り越えた今年、新しい時代の新しい常識や価値観の中で、人口減少や地球温暖化などの困難な課題を乗り越えようとする挑戦が成功につながっていくよう、そして岩国・和木地域、山口県が大きく飛躍する一年となるよう頑張っていく覚悟です。皆様の更なるご理解とご支援を心からお願い申し上げます。


令和6年1月8日



令和5年(2023年)12月1日

 今日から12月です
 記録的な暑さの夏が長く続いたあと、心地よい秋を飛び越して一気に冬まで季節が進んだ印象です。これから一雨ごとに季節が進んでいきますので、インフルエンザなどに気を付けつつ、今年の締めくくりや新年を迎える準備を進めていただきたいと思います。

 5月8日、長く続いたコロナの制約から解放され、世の中は「正常化」に向けて一気に動き始めました。生活や行動を制限されてきた3年間を取り戻すかのように、多くの日本人や外国人が国内各地を訪れており、私の地元、岩国・和木地域でも、開港から11年を迎える岩国錦帯橋空港の利用者が400万人に到達するなど、多くの人やモノの移動が地域に活気をもたらしています。コロナ禍で中止されていたイベントや行事も次々に復活し、「4年ぶり」「声出し応援」といった言葉が新語・流行語大賞にノミネートされるなど、正常化に向けて大きく進んできました。止まらない物価高や緊張が増す国際情勢など懸念材料もありますが、コロナ禍を契機に大きく進んだデジタル化もフル活用しながら、来年は、地域経済の再生がさらに進み、山口県に活気と活力がみなぎっていくよう、県議会の立場から、また、自民党県連の政務調査会の立場からも、さらにがんばっていきます。

 今週から県議会11月定例会が始まりました。国の経済対策を踏まえた本県の物価高騰対策をはじめ、来年度当初予算編成などについて県の方向性を確認していく重要な議会となりますので、しっかりと議論を深めていきたいと考えています。


令和5年12月1日



令和5年(2023年)11月1日

 今日から11月です。朝晩はめっきり冷え込むようになり県内の紅葉も一気に進んできました。コロナが5類感染症に移行して初めて迎える「イベントの秋」「行楽の秋」です。様々なイベントが4年ぶりに本格開催され、県内各地に活気が戻ってきたと感じています。季節の変わり目、インフルエンザも流行していますので、健康管理を徹底しながら、久しぶりの本気の秋をご家族と、お友達と、地域の皆さんと楽しんでいただければと思います。

 10月24日、県の「来年度当初予算編成方針」と「施策重点化方針」が発表され、県執行部では来年2月県議会への予算議案提出に向けて、この方針に沿って予算編成作業が進められています。この動きに並行する形で、我が自民党山口県連においても、私が会長を務める政務調査会を中心に、県の来年度予算に対する要望を行うこととなりますが、そのベースとなる地域や県民の皆様の声をお聞きするため、先般より、県連政策聴聞会を開催し、職域支部や友好団体など多くの団体からの要望を伺うとともに、県連政調会において、市町長や市町議会議長の皆様から様々な要望をお聞きしてきたところです。政務調査会長として臨む初めての要望活動ですが、人口減少や少子化、物価高騰をはじめとする喫緊の課題を克服し、県民の皆様に希望と活力、そして安心を感じていただけるよう、要望内容の取りまとめと要望の実現に向けて全力で取り組んでまいります。


令和5年11月1日



令和5年(2023年)10月1日

 今日10月1日は「日本酒の日」です。
 全国の日本酒出荷量が減少する中、全国で唯一、12年連続で出荷量が伸び続けていた山口県の日本酒は、コロナ禍で減少に転じたものの、再び増加傾向にあり、コロナ前の水準をほぼ回復したそうです。
 私の地元、岩国市錦町にも酒蔵がありますが、国内外で評価の高い県内の日本酒を、さらに多くの方に知っていただけるよう応援していきたいと考えています。

 岩国市が世界に誇る木造アーチ橋「錦帯橋」は、今年、創建から350年を迎えました。
 今年は、これを記念する行事やイベントが行政や企業等の様々な主体によって展開されていますが、本日、錦帯橋周辺を会場に「記念イベント」が開催されます。
 今日は錦帯橋の入橋が終日無料とされていますので、秋の気配も少しずつ感じられるようになった錦帯橋周辺に、是非お出かけいただきたいと思います。
 折しも、都市部を中心にインバウンドが急速に回復しており、特に広島県の宮島では、5月のG7サミットをきっかけに知名度が上がり、月別の来島者数が過去最高レベルを記録する状況が続いているそうです。
 宮島から錦帯橋までは、車なら30分、電車とバスを乗り継いでも1時間もかかりません。
 すぐそこまで来ている外国人観光客に、是非とも岩国市まで足を延ばし、唯一無二の美しい5連アーチを見ていただきたいと願っています。
 そのためにも、錦帯橋の世界文化遺産登録を目指す動きをさらに活発化していく必要があると考えており、引き続き取り組んでいきます。

 9月県議会は本会議での質問が終わり、明日から常任委員会審議が始まります。私が所属する文教警察委員会の関係でも様々な課題がありますので、しっかりと議論をしていきたいと考えています。


令和5年10月1日



令和5年(2023年)9月1日

 今日9月1日は「防災の日」です。災害と言えば、台風や豪雨、地震などを思い浮かべますが、最近は猛暑にも災害級という言葉が使われます。特に今年の夏は、日本はもちろん、ヨーロッパやアメリカでも40度を超える日が連発するなど、猛烈な暑さが北半球全体を覆っています。私の地元、岩国市錦町広瀬は県内でも特に暑い地域ですが、30年前の8月には1日もなかった気温35度以上の猛暑日が、今年の8月には10日もあるなど、わが国でも、猛暑日が増加傾向にあるようです。この暑さに、温暖化による地球全体の高温傾向が影響していることは間違いなく、地球温暖化対策は今や全球的な課題となっています。
 こうした時代の要請を背景に、本県経済の屋台骨である瀬戸内海沿岸の企業群においても、カーボンニュートラルへの対応が急務の課題となっています。その克服は、企業だけでなく、県の命運をも左右する極めて困難な挑戦であり、県議会としては、こうした企業の取り組みを強力に応援していく必要があると考えています。
 今後予定されている県の来年度当初予算編成に向け、自民党県連としても、これから来年度に向けた政策検討の時期を迎えますので、企業や団体等の皆様からご意見やご要望をしっかりと伺い、県や国と連携して取り組みを進めていきたいと考えています。


令和5年9月1日



令和5年(2023年)8月1日

 今日から8月です
 今年の梅雨は県内でも甚大な被害が発生し、今も各地にその影響が残っています。この度の豪雨災害によりお亡くなりになられた方にお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。
 梅雨は明けましたが、夏の酷暑、台風シーズンはこれからが本番です。熱中症に厳重に注意していただくとともに、引き続き、防災対策に万全を期していただきますようお願いします。

 コロナの5類感染症への移行以来、人々の移動が活発化しています。特に夏休み期間の客足の回復ぶりは鮮明で、JRや航空各社はコロナ前の水準をほぼ回復したとされており、インバウンドについても、訪日外国人旅行者数や消費額がコロナ前の水準を取り戻してきています。
 こうした中、岩国市において、市民団体「錦帯橋を世界文化遺産に推す会」の総会が6月末に3年ぶりに開催され、また、7月18日には、山口県や岩国市、関係団体等で構成する「錦帯橋世界文化遺産登録推進協議会」が、平成28年の第1回会議以来7年ぶりに岩国市で開催されるなど、錦帯橋の世界文化遺産登録を目指す動きが活発になっています。観光需要の回復が勢いを増すという追い風の中、錦帯橋の世界文化遺産登録に向けた機運をさらに高め、岩国地域のみならず、山口県全域の観光振興につなげていくことができるよう、県議会・観光振興議連としてもしっかり取り込んでまいります。


令和5年8月1日



令和5年(2023年)7月1日

 今日から7月です。
 梅雨入りから1か月あまりが経ち、梅雨空と晴天を繰り返しながら蒸し暑さが増しています。特に今週の過ごしにくさと雨の降り方は、いよいよ梅雨本番を感じるものでした。待ち遠しい梅雨明けまで、例年どおりであればあと3週間ほどですが、大きな災害が発生しないよう、適度な降雨となることを祈りつつ、皆様には万一の備えもしていただくようお願いします。

 6月21日に県議会6月定例会が開会し、今週は代表質問・一般質問が行われました。今議会では、主に「コロナ後」の視点から、人口減少・少子化の克服や地域経済の好循環などについて活発な議論が行われています。
 来週からは常任委員会が開かれます。私も、文教警察委員として、建設的な議論となるよう委員会審議に臨んでいきたいと考えています。
 県議会では、こうした定例会での活動とは別に、様々な政策の実現や課題の解決などを目的に議員連盟を結成し、活発な活動を行っています。
 先般、こうした議員連盟の総会が開催され、令和元年に拝命した「岩国基地問題に関する議員連盟」の幹事長を、引き続き務めさせていただくこととなりました。岩国基地に関する諸問題の解決に向けては、誰よりも大きな責任を持って率先して取り組んでいかなければならない、との思いを新たに全力で取り組んでいきます。
 また、このたび新たに、すべての県議が参加する山口県議会観光振興議員連盟の会長を拝命しました。ウィズコロナが本格化する中、国内・海外の旺盛な観光需要を本県に確実に取り込んでいくことで、地域経済の回復と更なる発展につなげていく必要があります。議連会長という立場から、地域や業界の皆様の声をしっかりとお聞きしながら、執行部と連携し、時に具体的な提案も行い、本県観光に新しい風を吹き込んでいく覚悟で取り組んでまいります。




令和5年7月1日



令和5年(2023年)6月5日

 山口県では、先週、例年より6日早い梅雨入りが発表されました。
 5月中旬には県内で今年初の真夏日を観測し、一方で、今週はこの時期としては異例の規模にまで発達した台風が日本各地に大きな影響を及ぼすなど、今年も梅雨入り前から異常気象が続いています。
 県内各地で田植えが進んでいますが、今年も大きな災害が発生することなく、農作物が順調に生育し、豊かな実りの秋を迎えることができるよう祈っています。
 出水期を前に、今一度、ご自宅周辺のハザードマップの確認や防災グッズの点検等をお願いします。

 昨日、山口市で「第80回自由民主党山口県連定期大会」が開催されました。
 この中で、令和4年度決算及び令和5年度予算案等とともに、党県連の役員改選案が審議され、私は、政務調査会長(政調会長)を拝命しました。
 政調会長は、政策立案の責任者として、県議会に提出される条例案や予算案などの議案の審議や他会派との調整、各市町・友好団体・県連支部からの要望の集約と県執行部への要望などにおいて重要な役割を担っています。
 コロナ禍は一段落しましたが、人口減少や少子・高齢化をはじめ、カーボンニュートラルやデジタル化への対応など、県政は多くの困難な課題に直面しています。
 こうした困難を克服し、県民の皆様が、山口県の未来に希望を感じられるよう、地域の皆様の声やご意見をこれまで以上に伺い、県政に確実に反映させていくため、この重責を果たしていく覚悟です。
 皆様のさらなるご支援をお願い申し上げます。




令和5年6月5日



令和5年(2023年)5月1日

 今日から5月です。
 柔らかい新緑と青く澄み渡った空に鯉のぼりが泳ぐ光景に、初夏の訪れが近いことを感じる季節となりました。
 全国に緊急事態宣言が発出される中で迎えたゴールデンウィークから3年。
 今年、コロナ禍で迎える4度目のゴールデンウィークが終わると、我が国のコロナ対策は大きな転機を迎えます。
 4月27日、国が新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけを季節性インフルエンザと同じ5類に引き下げることを最終決定し、これから本格的なウィズコロナの段階へと入っていきます。
 コロナが完全に無くなったわけではないため、今後も感染防止対策は必要ですが、これからは、コロナ前に戻すべきものは戻していく、コロナ禍で失ったものを取り戻していく、そして、コロナ禍を契機に手に入れた新しい生活や仕事のスタイルは、私たちの暮らしや経済を便利に、快適に、そして活力あるものとしていくために一層活用していく、そんなことが必要になってくると考えています。

 こうした中、昨日4月30日、私にとっては3期目となる山口県議会議員の新しい任期がスタートしました。
 5月10日からは県議会・5月臨時会が開催され、議長、副議長や常任委員会の選任など、今後の県議会の運営体制が決まります。
 先般、「日本の将来推計人口」が公表され、人口減少・少子化という課題の深刻さを再認識したところですが、こうした本県が抱える課題の解決に向け、新たな体制となる県議会においても、我が自由民主党会派は引き続き、その役割と責任をしっかり果たしていかなければならず、私自身は、その一員としての自覚と3期目としての覚悟を胸に、引き続き全力を尽くしてまいります。
 皆様方のさらなるご指導、ご支援をお願い申し上げます。




令和5年5月1日



« 過去の記事へ