平成30年(2018年)9月1日

 今日から9月。猛暑の夏もようやく落ち着き始め、朝夕の風に秋の気配を感じます。観測史上最高と言われる気温を記録した今年の山口県ですが、夏の暑さの影響で、例年より早く黄金色の稲穂となっています。
 春先の田植えから、稲穂が黄金に変わるこの時期まで、農家の方々の半年間のご苦労に敬意を表しながら、私は、黄金色の景色を毎年楽しみにしています。私同様、美味しい新米を待ちわびている方は多いのではないかと思います。
 実りの秋を迎えることは大変嬉しいことですが、しかし、その一方で、イノシシやシカ、サルなど野生鳥獣による農作物の被害への悲痛な声もお聞きします。鳥獣被害を防ぐための大変なご苦労とともに、鳥獣被害で就農意欲すら失いかねない現実は本当に深刻です。人間の営みには、自然との共生が不可欠であることは当然ながら、どのようにバランスをとっていくのか、しっかりと知恵を出し、考えていかなければなりません。
 私は、現在、山口県議会で、農林水産委員会に所属しています。
 今月19日から開会予定の9月定例議会の農林水産委員会においても、現場で発生している鳥獣被害の実情や実効性のある被害防止策の確立、その支援のあり方などについて、議論を深めていきたいと思っています。

 自由民主党の総裁選挙が9月20日に決まりました。
 先月26日には、安倍晋三総理大臣が、鹿児島県垂水市で雄大な桜島を背にされて、「平成のその先の時代に向けて、新たな国づくりを進めていく」と述べられ、総裁選挙への正式な出馬表明をされました。
 また、これに先立ち、11日に、山口市内で開催された、自民党山口県連主催の「安倍晋三内閣総理大臣を囲む会」には、私も出席し、安倍総理の国づくりにかける強い思いを直接お聞きしました。
 立憲民主党などの野党や一部マスコミなどは批判のための批判を繰り返していますが、第二次安倍内閣の取り組みによって、混迷と低迷の中にあったわが国経済が復活への道程を強めていることは誰しも認めざるを得ない事実です。また、北朝鮮の核ミサイルの脅威や中国の尖閣諸島への不法侵入など、緊張した国際情勢の中で、今の日本の外交や防衛を任せられるのは、国際社会での実績と豊かな経験を持たれている安倍総理だけだと思います。まさに今、国政においても外交においても、今の日本と世界を力強く牽引できるリーダーは、安倍総理をおいて他におられません。
 安倍総理には、この度の自民党総裁選挙において、圧倒的な勝利で3選を果たしていただき、引き続き、我が国を更なる成長と安定に導いていただくことを切に願い、私も微力ながら、山口県議会議員として、安倍総理の3選をしっかりとお支えしていくことをお誓い申し上げます。

また、9月30日には、沖縄県知事選挙と宜野湾市長選挙が行われます。
 亡くなられた前沖縄県知事の翁長雄志氏には心からお悔やみを申し上げますが、沖縄の今日の混迷と混乱の源のひとつ、大きな原因は、かつての民主党政権にあると、私は思います。
 政治の責任の重さとともに、沖縄県が安定して県勢の発展に取り組まれるために、沖縄県知事選挙では宜野湾市長を務められた佐喜眞淳さんの勝利を、また、宜野湾市長選挙では同市の副市長を務められた松川正則さんの勝利を、心から願っています。

 9月14日開幕の「山口ゆめ花博」。開幕まであと2週間です。
 明治改元150年を記念して開催される「ゆめ花博」は、次の150年に向けて、山口県がどのように県づくり、人づくりを進めていくかを広く示していく機会になると考えています。
 明治維新を体感できるバーチャル・リアリティ館や、会場に咲き誇る1000万の花、森林のギャングと言われ、森林を荒らす竹を有効利用して作った日本一長い竹のコースターをはじめとして、たくさんの「日本一」「はじめて」に会える山口ゆめ花博に、一人でも多くの皆様に、ご来場いただきたいと思っています。
平成30年9月1日



平成30年(2018年)8月8日

先月19日には、山口市内で観測史上最高の38.7度を記録するなど、全国的な猛暑が続いています。今年は特別に暑い夏ですが、皆様には熱中症などに対する予防などお身体ご自愛をいただきますようお願い申し上げます。

私も、1月の選挙で当選して以来、山口県議会議員としての活動に取り組んでいます。2月と6月の2度の県議会も終えました。

6月県議会では、はじめての一般質問も行いましたので、私の議会での活動を皆様にお知らせする「はたはら勇太NEWS-Letter」を、この度、発行させていただきました。是非、ご一読いただきますよう、お願い申し上げます。

私の活動を皆様に知っていただき、皆様のご意見をしっかりとお聞きしながら、岩国・和木地域と山口県の発展のために、全力で取り組んでいきたいと考えていますが、議会での活動に取り組めば取り組むほど、もっともっと頑張らないといけないと思うばかりで、私は引き続きの精進を重ねる覚悟です。
さらなるご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

8月8日



平成30年(2018年)7月13日

ちょうど1週間前の7月6日、6月定例県議会が終わりました。
6月20日に開会して17日間の日程で開催されました。
私にとって2回目の県議会で、一般質問の最終日、6月29日に、私にとって初めてとなる一般質問に臨みました。柳居議長をはじめ、先輩議員や県執行部の皆さん、また、岩国・和木地域から傍聴に来られた52名の方の前での質問は大変緊張しましたが、壇上に上がったときに、亡き父が頑張れと言ってくれているような気がして、落ち着くことができました。
今回の議会での質疑について、整理をさせていただきましたので、皆様に報告させていただきます。

まず、本会議の一般質問では、質問のはじめに、県議会議員としての私の決意と思いをしっかりとお伝えし、米軍岩国基地に係る諸課題など5つの項目の質問をしました。
最初に、基地については、何よりも優先されるべき「住民の安心・安全の確保」について、改めて、村岡知事の決意を尋ねました。知事からは、「引き続き、移駐に伴う基地周辺住民の不安に寄り添いながら、地元市町と連携し、安心・安全対策の推進に全力で取り組んでいく」との答弁がありましたが、騒音などについての負担感がある岩国・和木地域の思いは、引き続き県や国に伝えていきたいと考えています。
また、基地関連の質問として、「県東部地域の県立武道館の整備」についての県の方針を尋ねました。これについても、村岡知事から「武道館の整備は、県交付金を活用して進める」考えであること、また、「施設の機能や規模などの課題も、岩国市や関係団体等と、検討会の中で整理・検討していく」との答弁があり、県立武道館の整備について県の明確な方針が示されました。
このほか、基地関連では、「県の基地交付金のソフト事業への活用」についても質問し、藤田総務部理事から、日米両国の国際交流事業などへの活用について前向きな答弁がありました。
そのほか、「岩国南バイパスなどの岩国・和木地域の道路網の整備」、「企業の経営計画の変更などによって生じた大規模な工場跡地の活用方策」、「深刻な中山間地域の医療提供体制の確保」、「県が公の施設の整理を進める中、地域全体に求められる施設のあり方」の4項目について質問し、それぞれ担当の部長から答弁がありました。

一般質問を終えて、週が明けた7月2日と3日は各委員会が開催され、私の所属する農林水産委員会の審議に臨みました。
6月議会を前に、山口県は、新たな総合計画となる「やまぐち維新プラン」の素案を示しました。この中に、防府市にある農業大学校と、山口市にある農業試験場などを統合する「農林業の『知』と『技』の拠点」構想を掲げていますが、本会議での質疑が農業中心であったので、「農林業」と言うからには、今後の検討では、林業の視点も必要であると考え、「農業」と「林業」を合わせた検討の方向性やメリットについて質問しました。
私の質問に対して、山根信之農林水産部長などから、「農業と林業はともに、『先端技術導入による生産性の向上』と『即戦力のある人材の育成』という共通の課題も抱えているので、同じ視点で取り組むため、研究開発と人材育成に一体的に取り組む体制を構築する」との答弁がありました。
この構想については、11月を目途に基本計画をとりまとめるとされていますので、運営体制の効率化の観点も含め、今後の検討状況をしっかりと見ながら、私自身の意見も言っていきたいと思います。
その他に、以下の事項についても、県の考え方を質問しました。
・鳥獣被害防止対策における捕獲の担い手の確保、県境における連携、山口型放牧の効果等について
・ゆめ花博に対する農林水産部の取組について
・美和町に予定されている太陽光発電計画について
・水産業の規制改革による本県漁業への影響と評価、今後の対応等について

初めての一般質問を無事に終え、安堵していますが、2月、6月の2度の県議会での私の活動について、これから皆様にもお伝えし、皆様のご意見をしっかりお聞きしながら、さらなる活動の充実に努めたいと考えています。一層のご支援、ご指導をいただきますよう、心からお願い申し上げます。

平成30年7月13日



平成30年(2018年)7月9日

7月6日からの豪雨は、西日本地域に甚大な被害をもたらせました。

岩国市内でも、周東町獺越や上須通で土砂崩れが発生し、お二人の方が亡くなられました。また、多くの被害も生じました。お亡くなりになられた方に、心からお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々にお見舞を申し上げます。災害復旧など、当面の対応を、私も県や市町に要請したいと思っています。

自然災害は避けられないものとはいえ、防災・減災への取り組みをより強化しなければなりません。私自身、しっかりと取り組んでいきます。

平成30年7月9日



平成30年(2018年)6月25日

6月20日、7月6日までの17日間の会期日程で、山口県議会6月定例会が開会しました。今日25日は代表質問、明日から29日までの4日間は一般質問、そして、7月2日と3日は委員会の予定です。
一般質問の最終日、29日には、私もはじめての一般質問に登壇します。県議会での一般質問は、22日が質問項目の通告締め切りでしたので、はじめてとなる一般質問の項目を次のとおり提出しました。

平成20年6月25日 畑原 勇太

<質問項目と概要>
1 米軍岩国基地に係る諸課題について
 (1)米軍艦載機の移駐後、岩国・和木地域での騒音などの対策、(2)県交付金を活用した武道館の建設、(3)県交付金のソフト事業への拡大の3点について県の方針を質問します。

2 岩国・和木地域の道路整備について
 岩国南バイパスなどの岩国・和木地域の道路網の整備について、質問します。

3 大規模遊休地の利活用について
企業の経営計画の変更などによって生じた大規模な工場跡地の活用方策について、質問します。

4 中山間地域における医療体制の確保・充実について
深刻な中山間地域の医療体制の確保について、質問します。

5 公の施設のあり方について
県は公の施設の整理を進めていますが、それ自体は必要としても、地域全体に求められる施設のあり方について、県の考え方を確認します。


平成30年(2018年)6月1日

 今年も、夕闇に浮かぶ錦帯橋を背景に、鵜飼い船の篝火が川面に浮かぶ季節がやってまいりました。
 鮎は、川底に生える苔を食べて育つことから、その食味が環境のバロメーターになるといわれます。なかでも宇佐川で獲れる鮎は、全国の鮎を食べ比べる「清流めぐり利き鮎会」で、複数回グランプリを受賞するなど、高く評価されています。
 去る5月12日には、毎年の恒例行事となった「清流錦川 清流大作戦」が実施されたところであり、今年の夏も、この美しい錦川に、多くの観光客や太公望の皆さんをお迎えできることと思います。

 さて、先週の日曜日5月27日は、防府市長選挙の投開票日でした。自民党と公明党が推薦する池田候補が、立派に初陣を飾られました。私も、出陣式や開票を待つ選挙対策事務所に駆け付け、支持者の皆様と感激と分かち合い、同時に、今年1月29日の自らの選挙を思いおこしたところです。
 防府市は、一昔前の岩国市のように、県との連携がなかなかうまくいかず、自動車や化学など国内有数の産業集積を誇るにも関わらず、そのポテンシャルを十分に活かすことができない状態が続いてきました。
 県と市町・国が、そして首長と議会とが一体となって明日に向かって夢を描き、実現しなければ、人口減少、少子高齢化が進む山口県の将来への展望を拓くことはできないと、今回の防府市長選挙を終えて改めて実感したところです。
 また、新市長の公約のひとつとして、現在山口市にある農業試験場の防府市への移転誘致が掲げられています。私も県議会農林水産委員会の委員として、今後の県の農業政策の方向性を見据え、老朽化著しいその施設の在り方について、しっかりと議論していかなければならないと考えています。

 岩国・和木地域と県とをつなぐパイプ役として、これまで皆様とお話しをさせていただく中で感じた本県が直面する様々な課題をしっかりと整理し、次の定例会に臨んでまいります。
 これからもご指導、ご支援を賜りますようお願いいたします。

平成30年6月1日



平成30年(2018年)5月1日

ゴールデンウィークが始まりました。
新緑の緑に包まれ、晴天に恵まれた今年は、世界遺産登録を目指す錦帯橋には、既に多くの観光客が来られていますし、こどもの日、5月5日には、岩国基地で開催されるフレンドシップデーにも、県内外から多くの方が来られることと思います。岩国市の魅力が一段と高まる季節です。

去年の今頃は、亡父・畑原基成がお世話になった皆様にご挨拶に回っていました。父のすごさを知らされるとともに、多くの方から「お父さんが果たせなかった思いを勇太さんが実現しなさい」と言われ、私の中で政治への挑戦を真剣に考えはじめた頃でした。
1年が過ぎ、皆様のお陰で山口県議会議員として迎えた今年は、このゴールデンウィークも、たくさんの行事に出席させていただくこととなっています。多くの皆様にお会いして、お話をする中で、人口減少や少子高齢化、地域活性化など、本県が直面する課題を実感することも多く、県議会議員として実現すべきこと、実現したいことを考え、次の行動を進めなければならないとの思いを強くする毎日です。

さて、4月25日から27日まで、日台友好促進山口県議会議員連盟の一員として、台湾を訪問しました。これまで何度か海外には行きましたが、県議会議員としての海外訪問は初めてで、公式訪問は全く雰囲気が違い、緊張もしました。
日台友好促進山口県議会議員連盟の会長である柳居俊学議長とともに台湾日本関係協会などを訪問し、各所で情報交換をするとともに、今年9月から本県で開催される「山口ゆめ花博」のPRをしてきました。
「山口ゆめ花博」をきっかけに、台湾からも多くの観光客に本県を訪れていただき、本県の多彩な魅力のファンになっていただきたいと思っています。

平成30年5月1日



平成30年(2018年)4月23日

 4月20日、東京都芝にあるザ・プリンスパークタワー東京で、自由民主党地方議員研修会が開催され、私も出席しました。研修会では、憲法改正や国際情勢などについての講演があり、夜には、トランプ・アメリカ大統領との対談を終えられて帰国した安倍総理が出席されて、講演がありました。

 はじめての研修会で緊張しましたが、夜の懇親会では、お世話になっている山口泰明先生にもお会いできて、ご挨拶をできましたし、全国都道府県議長会会長を務められている柳居俊学議長が参加されている全国の議員の前で挨拶をされた時は、山口県議会議員として誇らしく思いました。

 さて、新年度がスタートし、4月も後半を迎えました。

 初当選以来、慌ただしい毎日を送っていて、後援会の皆様に、県議会での活動などをなかなかご報告できず、心苦しく思っていますが、この度、はじめての県政レポートを発刊させていただきました。

 私の思いや2月県議会農林水産委員会での質疑などを掲載させていただきましたので、是非、ご覧いただければ幸いです。



平成30年(2018年)3月22日

2月27日から開会した2月県議会、平成30年度当初予算案などが審議され、先週の金曜日、3月16日で終えました。

私にとっては、はじめての議会でしたが、開会日の27日に議案が上程された後、3月5日から9日までの間は本会議が行われました。5日の代表質問では、島田教明・自民党山口県連政調会長が当初予算や岩国基地関連などの質問をされました。続いて、翌日6日から9日までの間に15名の一般質問があり、9月から開催される山口ゆめ花博の開催準備など様々な質問がありました。

本会議での一般質問については、代表質問ができる会派には、質問者数の制約があるとのことで、自民党会派に属する私は今回の議会ではまだ質問はできませんが、自民党会派や公明党会派の先輩議員の質問を聞きながら、私もしっかりと勉強して本会議の質問に臨まなければならないと思いました。

また、常任委員会の所属は農林水産委員会に決まりました。12日と13日の両日、はじめての委員会審議に臨みました。

私は、①厳しい財政状況の中で、新年度予算の中で農林水産部として特に力を入れた点と期待している効果、②農林事務所と水産事務所の統合は現場との距離感が生じる恐れがあるが、それへの対応、③農業の担い手確保対策、④鳥インフルエンザ対策、⑤岩国市美和町に計画されている大規模太陽光発電の建設が与える森林環境への影響と対応、⑥やまぐち森林づくり県民税、⑥養殖漁業の振興、⑦漁業権の民間開放に対する県の考え方について質問しました。

①の新年度予算については河村邦彦農林水産部長が、また、⑦の漁業権の民間開放については山根信之農林水産部理事が答弁をされ、特に、新年度予算についての質疑は、本会議最終日の委員長報告の中で、笠本俊也農林水産委員長が報告のトップに取り上げられました。

はじめての議会を終えて、ホッとするとともに、次に向けて頑張らなければならないと気持ちを新たにしています。皆様のご指導をよろしくお願い申し上げます。
3月22日



平成30年(2018年)2月13日

 選挙も終え、山口県議会議員としての活動がスタートしました。
 2月8日に当選証書をいただき、翌9日には、はじめて山口県議会に登庁し、議員バッチをいただきました。
 登庁すると、テレビ局のカメラに囲まれました。その中で、県議会事務局の職員の方に、胸に議員バッチを着けていただきました。
 その後、「畑原勇太」の名前が記された議員の出欠を表す電光掲示板、登庁ランプのスイッチを入れ、今回の補欠選挙で下松市選挙区から当選された森繁哲也議員と一緒に、議長室をお訪ねし、柳居俊学県議会議長にご挨拶をしました。議長室には、守田宗治副議長、藤生通陽議会運営委員長の議会三役と自由民主党山口県連の友田有幹事長が同席され、皆様から温かい激励の言葉をいただきました。
 父・畑原基成が元気な頃には、何度も来た県議会棟で、見慣れているはずなのに、自分自身が山口県議会議員としてはじめて登庁する県議会棟は、全く違う場所のように思え、とても緊張しました。そしてまた、山口県議会議員になったことを改めて実感しました。
 私の当選を支えていただいた皆様のご期待にお応えできるよう、私はこの初登庁の緊張感、初心を忘れず、精進を重ね、全力を尽くす覚悟です。皆様のさらなるご支援を心からお願い申し上げます。

2月13日


初登庁。職員の方に議員バッチを
着けていただきました。
「畑原勇太」の名前が記された
登庁ランプ。
議長室に挨拶に伺いました。
中央が柳居俊学議長。
右側が守田副議長、藤生議運委員
長、友田県連幹事長。
左側が森繁哲也議員、畑原勇太。

« 過去の記事へ